大阪門真のドラムスクール、アジトドラムスクール > 講師紹介

講師紹介

佐野隆士
◎アジトドラムスクール代表

大阪府出身。

1966年2月6日生まれ。13才よりエレキギター、14才よりドラムを始める。
高校在学中に高嶋英夫氏に師事。高校卒業後は河瀬勝彦氏に師事。

NECアヴェニューよりメジャーデビューしたRock BAND、”Sclap Town Lovers”に参加。
22才よりパーカッションを始め、ライブやレコーディングに参加。
Joe-Guy’s BANDのドラマーとして、シーラEの父のPete Escovedo
シカゴのBill Champlin等と、L.AやサンフランシスコでRecording。

これまでに菊田俊介氏(Vo&Gt)、清水興氏(Bs.NANIWA EXPRESS)、山内総一郎(Vo&Gt.フジファブリック)、中野督夫氏(Vo&Gt.センチメンタル・シティ・ロマンス)、砂山淳一氏(Bs)、Taku氏(Gt.韻シスト)、五島良子氏(Vo)、増田俊郎氏(Vo&Gt)、下田逸郎氏(Vo)、石田長生氏(Vo&Gt)、織田浩司氏(Sax.米米Club)、佐野健二氏(Bs.EXILE、安室奈美恵)とライブやレコーディングで共演。
これまでに約1,000人にドラムやパーカッションを指導。生徒の中では芸大や音大、音楽系専門学校へ進学し、卒業後はプロドラマーになった生徒も多い。

佐野隆士のブログ

荒川泰治
11歳よりドラムを始める。

幼少期はゴスペルに触れ、高校在学中は軽音楽部に所属し。ロックやポップス等を演奏。
摂南大学理工学部電気電子科に進学。在学中にJazz Club同好会NOJに在籍。
Jazz、Funk、Fusion、R&B等、様々なジャンルのドラミングを学ぶ。
また京阪沿線のジャズイベントや各地のライブハウスで演奏。
V系バンド、DixdriverRのサポートも務める。
4回生の頃よりドラム講師としての仕事も始める。

2013年、西日本カレッジジャズフェスティバルにて、NOJで三木楽器賞を受賞。
同年、神保彰ソロドラムコンテスト2013にて、特別賞を受賞。

 

永井一透

兵庫県出身。

15才よりドラムを始め、軽音楽部でロックやポップスを演奏。

小杉益人氏(溺れたエビ!!)にドラムを師事。

17才の時にグランキューブ大阪にて松浦雅也氏(PSY・S)と共演。

高校卒業後は甲陽音楽学院に入学。Funk、R&B、Jazz、Latin、Fusion等のセッション、ライブ、レコーディング等を経験。

ドラムを江森文男氏、梶原大志郎氏に師事。

現在セッションのホスト、ライブのサポート等、様々なジャンルで活躍中。

 

 

 

↑トップへ